電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 歯舞漁協  マダラ刺網水揚急伸、人手確保が課題

新聞記事

歯舞漁協  マダラ刺網水揚急伸、人手確保が課題

2015年08月10日

水揚げが伸びてきたマダラ(7月30日、歯舞漁港)

 歯舞漁協の刺網は7月下旬からマダラの水揚げが伸びてきた。7月中旬まで日量数十箱だったが、千箱超の水揚げが続いている。操業は刺網専業船団15隻(20トン未満)と5トン未満船が数隻。5月から不漁が続いていたが、7月下旬に入って盛り返してきた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る