電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サケマスロシア流網漁禁止に向け「北海道北洋漁業対策本部」設置

新聞記事

サケマスロシア流網漁禁止に向け「北海道北洋漁業対策本部」設置

2015年07月06日

水産林務部に設置された北海道北洋漁業対策本部

 来年1月からロシア200カイリ内のサケマス流網漁を禁止する法案がロシアで成立したことで、漁業者、水産加工など関連産業、道東の地域経済が大きな打撃を受けることは必至。国、道は対応策の確立などに動き出している。
 林芳正農水相は1日、「現地の状況を把握するとともに関係者皆様の意向を聞き、関係省庁とも連携し、万全の対策を講じる」との談話を発表。6、7日に根室市、釧路市、厚岸町に水産庁の担当幹部を派遣、地域経済への影響などを調査する。
 道は3日、「北海道北洋漁業対策本部」の初会議を開いた。関係部局・振興局の幹部らが一堂に介し、本部長の高橋はるみ知事は「道東を中心に北海道水産業の危機という認識の下、一丸となってしっかり対応していかなければならない」と述べた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る