電子版 電子版サンプル

HOME > 全件表示 > 一般向け > いぶり噴火湾2年貝/(12月下期~1月上期)水揚げ2.7倍

新聞記事

いぶり噴火湾2年貝/(12月下期~1月上期)水揚げ2.7倍

2015年01月01日

2年貝の水揚げ作業。昨季を上回る生産量が見込まれている(豊浦漁港)

 いぶり噴火湾漁協の2年貝(加工貝)値決めが12月15日に行われ、12月下期~1月上期分はキロ260~250円で妥結した。前回と比べ15~5円安。各地区とも今季初めて下降した。
 予定数量は伊達が250トン、虻田384トン、豊浦600トン、礼文216トンの合計1450トン。前回と比べ2.7倍に増加し浜安に振れている。
 ただ、191~181円だった前年同期と比べ伊達、虻田、豊浦が69円高、礼文が64円高と約4割高の好値を維持している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る