電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大船渡6次連携グループ始動 特産カキメーンにブランド化へ

新聞記事

大船渡6次連携グループ始動 特産カキメーンにブランド化へ

2014年11月03日

 岩手県大船渡市特産のカキをメーンに海産物のブランド化を図ろうと、カキ生産者や水産加工業者、飲食、観光関連の4者による「大船渡6次連携ブランド開発グループ」が発足した。新商品開発、大船渡湾内での「カキ尽くし屋形船」の運航などの取り組みを計画しており、「復興応援・キリン絆プロジェクト」が3千万円を支援。29日に事業発表や贈呈式が行われた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る