電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 能取湖・サロマ湖 ホタテ養殖新たな挑戦

新聞記事

能取湖・サロマ湖 ホタテ養殖新たな挑戦

2014年11月03日

耳づりした2年貝(10月23日、卯原内地区)

 能取湖やサロマ湖のホタテ養殖で新たな挑戦が始まっている。稚貝出荷を柱とする西網走漁協では、半数以上の漁家が成貝出荷の試験操業を開始。佐呂間漁協の1漁家は、秋に行う耳づりを春に試行した。いずれの取り組みも、ことし初めての出荷を終えて、さまざまな課題が見えてきた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る