電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 商戦展望 道漁連・崎出常務に聞く

新聞記事

商戦展望 道漁連・崎出常務に聞く

2014年10月06日

 北海道で40万トン以上の安定した水揚量を確立しているホタテ漁業。近年、海外輸出が浜値をけん引し、製品価格は高値基調となる中、縮小する国内消費の回復が大きな課題だ。低迷する国内市場の販売戦略や海外市場の需要拡大など、課題解決に向けた今後の焦点について道漁連の崎出弘和常務に話を聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る