電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県の秋サケ 種卵確保に全力

新聞記事

宮城県の秋サケ 種卵確保に全力

2014年09月08日

水揚げ減少が予測される宮城県の秋サケ

 宮城県では、大震災での稚魚被害により今季の秋サケ来遊で大幅減が見込まれることから、県と県さけます増殖協会などの業界が一丸となり種卵確保に全力を挙げる。来遊と河川遡上(そじょう)親魚の昨シーズン比「4割減」(県水産業基盤整備課)を前提に、各ふ化場の旬ごとの確保計画と、不足した場合の海面での網揚げ協力などの対策をまとめた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る