電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 紋別市のヤマイチ水産、高品質すり身安定供給へ

新聞記事

紋別市のヤマイチ水産、高品質すり身安定供給へ

2022年08月01日

全自動魚体処理機は4ラインを設備


 紋別市の株式会社ヤマイチ水産(栗山太社長、電話0158・23・5188)が市内渚滑町7に建設を進めていた新食品工場が竣工した。全自動魚体処理機などを新規に備え、冷凍魚肉すり身の原魚を迅速に1次加工処理する体制を構築。HACCPの基準に沿った衛生管理と併せて高品質・高鮮度のすり身の安定生産を図り、国内はもとより海外にも販売を進めていく。試運転を経て9月から本格稼働する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る