電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 発泡スチロール出荷7年ぶりプラス

新聞記事

発泡スチロール出荷7年ぶりプラス

2022年07月18日


 発泡スチロール協会によると、2021年の発泡スチロール出荷実績は前年比4.2%増の12万7700トンとなった。14年以来7年ぶりに対前年プラスとなり、全分野において対前年100%超えとなった。ただ、水産向け出荷は0.4%増の4万8272トンであり、協会では「昨年同様、イカやサンマなどの不漁やコロナ禍による飲食業への影響が継続し、十分な回復には至らなかった」との認識を示している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る