電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 数量抑え品質重視-末端流通-

新聞記事

数量抑え品質重視-末端流通-

2022年07月04日

量感があり多種の商材を楽しめるすし盛り合わせ


 輸出主導の相場高で始まった今年の内販は、コロナ禍による「巣ごもり需要」が続きながらも、量販店では売価設定を上げざるを得ない現状に苦慮している。新物の取扱量を抑えながら、すし種や刺身商材で提案。品ぞろえとして確保するが、品質重視の観点から生玉を強化、メニュー提案型の訴求に力を入れる。札幌、首都圏の消費動向、今後の展開を聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る