電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 秋田秋サケ稚魚放流7500万尾

新聞記事

秋田秋サケ稚魚放流7500万尾

2022年06月27日

記録的不漁が続く岩手の秋サケ


 一般社団法人岩手県さけ・ます増殖協会(大井誠治会長)は、2022年度の秋サケ稚魚放流数を7500万尾とする方針を決めた。県内で人工ふ化放流事業が本格化した1980年代以降、4億~4億5千万尾を目標としてきたが、深刻な不振が続く漁獲実績から大幅に下方修正。改良餌を導入して大型で遊泳力の高い稚魚を生産し、回帰率を上げてサケ資源の回復を図る計画だ。ふ化場の再編に着手し、事業収支の適正化も目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る