電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩内郡養殖カキ、へい死少なく品質も良好

新聞記事

岩内郡養殖カキ、へい死少なく品質も良好

2022年06月13日

カキをばらす作業(6月7日、岩内港)


 岩内郡漁協の太田誠組合長ら有志で取り組むカキの試験養殖が5月30日を皮切りに初水揚げを迎えている。成育状況は良好で太田組合長は「身入りや大きさも十分」と手応えをつかむ。荷揚げ後は岩内沖の海洋深層水で5日間蓄養しており、「味がマイルドになる」と実感する。出荷個数は1万個以上を予定。水揚げは週2回の頻度で6月末まで続く見通し。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る