電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 国内初、釜石養ギン超夏へ

新聞記事

国内初、釜石養ギン超夏へ

2022年06月13日


 岩手県の釜石湾沖で今夏、国内初となるギンザケ養殖の「越夏」試験が行われる。海水温上昇でへい死リスクが高まる7~10月に、いけすを低水温域まで沈下。そのまま育てて大型化を図り、抱卵魚の水揚げを目指す。秋サケの不漁や生食ブームなどを背景に、養殖による「ご当地サーモン」が全国各地で増える中、養殖事業の可能性を広げる挑戦に注目が集まる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る