電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 東信水産、冷凍刺身・寿司を開発

新聞記事

東信水産、冷凍刺身・寿司を開発

2022年05月23日

真空パックし凍結した販売形状(写真は「本まぐろ食べ比べセット」)


 首都圏を中心に鮮魚専門店を展開する東信水産株式会社は、自社生鮮加工(プロセス)センターの「東信館」に株式会社テクニカンの液体急速凍結機「凍眠」を導入し、冷凍刺身や冷凍すしを開発した。高品質な冷凍加工を施すことで、家庭での解凍後も冷蔵品と遜色のない仕上がりで再現することに成功した。生鮮品では難しかった全国配送も可能となり、自社店舗ではなく、主に外販向けに売り出していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る