電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 飲食事業のSANKO、豊洲・綜合食品を傘下に

新聞記事

飲食事業のSANKO、豊洲・綜合食品を傘下に

2022年05月23日


 飲食店経営や近年では水産業にも参入して力を入れている株式会社SANKO MARKETING FOODS(東京都、長澤成博社長)は17日、東京・豊洲市場の大卸・綜合食品(野中昭三社長)の全株式を取得し子会社化すると発表した。同日開催の取締役会で決議した。市場卸のグループ化で中期事業計画に位置付ける水産事業6次産業化モデルの構築を加速させるとともに、安定的に水産資源を提供する体制を確立。また、豊洲市場を利用する荷主や顧客に対し、グループ独自の価値提案を図っていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る