電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 「琥珀サーモン」水揚げ

新聞記事

「琥珀サーモン」水揚げ

2022年04月18日

出荷用いけすから水揚げされるギンザケ


 岩手県の久慈市漁協(皀健一郎組合長)は14日、久慈湾で養殖しているギンザケ「久慈育ち琥珀(こはく)サーモン」の今季の水揚げを開始した。3カ年の実証試験を経て、念願の事業化移行を果たした初年度。海況変化の影響もほとんど受けず、成育はおおむね順調という。8月上旬までに600トンの生産を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る