電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > キングサーモン天然魚精子凍結に成果

新聞記事

キングサーモン天然魚精子凍結に成果

2022年04月04日


 一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構調査・研究部門の安部智貴氏は、函館市の委託事業であるキングサーモン養殖に向けた取り組みについて説明。2021年度は天然魚で受精能力を有した凍結精子を得られたほか、北大飼育魚で人工授精により次世代の作出に成功したことを報告。今後の課題に稚魚の飼育条件の検討などを挙げた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る