電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オホーツク毛ガニ浜値冷静滑り出し

新聞記事

オホーツク毛ガニ浜値冷静滑り出し

2022年03月28日

荷揚げされた毛ガニ。大中主体の出足(3月22日、枝幸港)


 オホーツク海沿岸の毛ガニ漁は、昨年より軟調の冷静な浜値形成で滑り出した。シケで開幕がずれ込み、流氷やイワシの死がいが操業に支障を来しているものの、水揚数量は雄武以北で比較的順調。組成は大中主体。今季の許容漁獲量は宗谷管内を主体に昨年比283トン増の1133トンと4年ぶりに千トン台の供給見通し。一方、消流はコロナ禍やロシア産の輸入動向など不透明要素も存在。特に昨年産の冷凍在庫が残った中サイズの取り扱いなどが焦点になる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る