電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 渡島噴火湾加工貝、進捗率30%

新聞記事

渡島噴火湾加工貝、進捗率30%

2022年03月21日

加工貝の出荷作業(3月16日、樹澗地区)


 最盛期に入った渡島噴火湾(長万部・八雲町・落部・森・砂原・鹿部漁協)の加工貝(2年貝)は、3月中旬時点で累計1万3500トンとなった。計画に対する進ちょく率は20%。日産は落部が300トン、長万部250トン、森、鹿部200トン、砂原170トン前後。6単協で日産千トン台で推移している。一方、浜値はキロ300円台中盤まで上昇。堅調に推移している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る