電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > コンブ端切れ部分、独自製品で価値向上へ

新聞記事

コンブ端切れ部分、独自製品で価値向上へ

2022年03月21日

製品化工程で発生する端切れを粉末化した星屑昆布


 広尾漁協の保志弘一さんは、着業するコンブ漁業の課題解決に向け奔走している。付加価値対策として製品化工程で発生する端切れ部分を利用して独自製品を開発したほか、人手不足解消のために地元の1次産業体験プログラムを通して陸回りを確保。生産力強化を図るため乾燥機も導入した。「何もしなければ衰退していく一方」と現状に危機感を持ち「持続可能なコンブ漁業に向け取り組んでいきたい」と力を込める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る