電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 苫小牧冬ホッキ順調にノルマ消化

新聞記事

苫小牧冬ホッキ順調にノルマ消化

2022年03月21日

ホッキの荷揚げ作業(3月10日、苫小牧港)


 苫小牧漁協の冬ホッキ漁は潤沢な資源量を背景に順調な水揚げが続いている。冬ホッキ漁業部会の伊藤美則部会長は「ノルマ消化が進んでおり、早い船で3月中に終漁するのでは」と話す。許容漁獲量(ノルマ)は2人乗り1隻で18.5トンに設定している。 伊藤部会長は「3月上旬はナギが続いたことも影響し、回数が伸びている」と説明。「このペースでは全体でも4月の早いうちにノルマを達成できそう」と見通す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る