電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲のサケ仲卸、チリギンの価格を注視

新聞記事

豊洲のサケ仲卸、チリギンの価格を注視

2022年03月21日

今後の価格変動が注目されているチリギン甘塩のフィレー


 築地・豊洲市場で50年サケマスの切り身商材を扱う仲卸業者は、高騰を続けるチリ産ギンザケの価格低下を念頭に置いている。ノルウェー産アトランティックサーモンがメイン空輸ルートのロシア領空を通過できない影響から、産地側が冷凍在庫にシフトすることを予想。「北欧で冷凍在庫が増えれば、同じ冷凍品のチリギンが競合してだぶつき、価格も落ちるのでは」と推察する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る