電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 南三陸町ケーエスフーズ、陸上養殖ウニ初出荷

新聞記事

南三陸町ケーエスフーズ、陸上養殖ウニ初出荷

2022年03月21日

身入りが大きく改善した蓄養ウニ


 水産加工の株式会社ケーエスフーズ(宮城県南三陸町、西條盛美社長、電話0226・46・8111)は14日、磯焼け対策で間引きし、陸上で蓄養したキタムラサキウニを初出荷した。自社加工場から出る海藻加工品の残さなどを餌に用い、天然物と遜色ない身入りを実現。荷受業者から「申し分ない品質」と高く評価された。資源を活用して海の環境を守り、水産業の振興も図っていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る