電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌市のダイホク、海外市場開発に活路

新聞記事

札幌市のダイホク、海外市場開発に活路

2022年03月07日


 札幌市の株式会社ダイホク(大場啓二社長、電話011・661・0707)は、焼きのり、昆布など乾物、昆布だし調味料などの製造・OEM(相手先ブランド製造)商品の開発を手掛け、海外にも販路を広げている。特に台湾は直接貿易を確立。ホタテ玉冷など輸出仲介業にも乗り出し、今秋には札幌市に台湾のテレビ局と直接商談ができるオンラインブースを開設。道内食品企業の販路拡大を後押ししていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る