電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城養ギン今季1万6000トン計画

新聞記事

宮城養ギン今季1万6000トン計画

2022年02月28日

需要が高まる宮城県産養殖ギンザケ。今季も活発な取引が期待される


 宮城県産養殖ギンザケの今季(2022年)生産量は1万6千トン前後になりそうだ。昨季から約200トンの増産となる見込みで、コロナ禍による巣ごもり生活で高止まりする内食需要に対応する。成育が順調に進んでおり、水揚げは例年通り3月中旬ごろに始まる予定。生産者は早期出荷などでチリ産ギンザケとのサイズ競合などを避け、好値維持を図っていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る