電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌の一和鮮魚店インスタ発信、若年層つかむ

新聞記事

札幌の一和鮮魚店インスタ発信、若年層つかむ

2022年02月14日

新巻きの木箱も活用した活気ある一和鮮魚店


 札幌市の一和鮮魚店(木島和哉代表、電話011・214・1136)は、鮮度や使い勝手など商品力に加え、対面販売ならではの遊び心を持った接客サービスも追求している。特に魚食文化の継承、鮮魚小売り業界の活況を目指し、若い世代へのアプローチを重視。写真共有アプリ「インスタグラム」を駆使し顧客をつかんでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る