電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 「サンリクフーズ」保管倉庫がEU向け認定

新聞記事

「サンリクフーズ」保管倉庫がEU向け認定

2022年01月17日

サンリクフーズが生産するフィッシュソーセージ


 株式会社泰興商事(岩手県大船渡市、町田健司社長)のフィッシュソーセージ専用工場であるサンリクフーズ(宮城県気仙沼市)の冷凍自動倉庫が昨年12月20日付で農林水産省「EU向け輸出水産食品取扱認定施設」の「原料・製品保管倉庫」の認証を取得した。宮城県では初。これまでHACCPやハラルなど食品製造に関わる国際認証を取得しており、今回の保管機能の取得も加わることで、海外展開に弾みをつけていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る