電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 函館水試・早期生産種苗のマコンブ試験養殖、今季は規模拡大

新聞記事

函館水試・早期生産種苗のマコンブ試験養殖、今季は規模拡大

2022年01月10日


 道総研函館水産試験場が試験養殖に取り組んでいる成熟誘導(人工的に子のう斑を形成させる技術)を利用した早期生産種苗のマコンブは、連携する戸井漁協小安地区で昨季順調に生育し良好な結果が得られた。幅広で実入りも上々だったほか、乾燥歩留まりも良く、漁業者は「折昆布に成形し大半が1等だった」と手応えをつかむ。今季は事業規模を拡大し同地区全約30人が養殖。間引きなど育成管理に努め、さらなる品質向上を図る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る