電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 自販機×骨なし魚で消費拡大へ

新聞記事

自販機×骨なし魚で消費拡大へ

2022年01月01日

自動販売機で7~10種類を販売。季節に応じて品ぞろえも変更


 非対面で24時間いつでも手軽に購入できる自動販売機。魚の消費や調理離れが叫ばれる若年層への訴求も兼ねて、その自動販売機で水産品の拡販に乗り出したのが、札幌市の水産加工卸・有限会社千葉水産(千葉信幸社長、電話011・784・2453)。商品は骨を取り除いた切り身「骨のない魚」。購入後すぐに料理に使え、手軽さは“2倍”。昨年8月の販売開始以来、予想以上の売れ行きを見せ、魚食拡大の新たな販売方法として手応えを得ている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る