電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城間のりは海況優れず序盤低調か

新聞記事

宮城間のりは海況優れず序盤低調か

2021年11月15日

昨季の初入札会。買受人が熱心に品定めした


 宮城県の乾のり生産は今季序盤、苦戦を強いられそうだ。栄養塩不足で色落ちが目立ち、18日に開かれる初入札会の出荷量は昨季比3割減の1500万枚程度にとどまる見通し。コロナ禍に伴う需要停滞も懸念される一方、九州の減産傾向などを背景に宮城産の引き合いは年々強まっている。出荷最盛期は来年3月~4月中旬。海況好転に望みを託し、5季ぶりとなる4億枚超えを目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る