電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 全道秋サケ定置、2年連続の増産

新聞記事

全道秋サケ定置、2年連続の増産

2021年11月01日

秋サケの荷揚げ。切り上げまでの上積みが期待される(10月26日、斜里漁港)


 北海道の秋サケ定置は、道漁連の集計(速報値)によると、10月25日で昨年の最終実績(4万5385トン)を超え、低水準ながら2年連続の増産が確定した。オホーツク、根室・北部などで10月中・下旬の水揚げが急落した昨年に比べて持続。前半低調だった大所のオホーツク・東部地区ではウトロ、網走の両漁協が不振の昨年実績を上回り、斜里第一漁協は切り上げまでの上積みに期待をかけている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る