電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 留萌管内活貝韓国向け水揚げ終盤

新聞記事

留萌管内活貝韓国向け水揚げ終盤

2021年09月27日

活魚車に投入する活貝の出荷作業(9月4月)


 留萌管内の韓国向け活貝は、各漁協とも稚貝の仮分散を終えた9月上旬から出荷を再開している。夏場の高水温で心配されたへい死は発生せず、歩留まりが上昇し重量も増加傾向。水揚げは終盤に入っており、三陸向け半成貝出荷を控えているため、10月でめどを付ける見通しだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る