電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 首都圏は季節先取り、チラシで生秋サケ販促

新聞記事

首都圏は季節先取り、チラシで生秋サケ販促

2021年08月30日


 首都圏の小売店では、8月中旬から“北海道産生秋サケ”とうたった切り身を提供する店が出始め、一部ではチラシに記載して季節の先取りで集客に乗り出す店も現われた。昨年は豊漁とはほど遠い秋サケだったが、それ以上に厳しかったサンマに替わる商材として重点的に販売を仕掛ける場面も多く、売上高は好調だった一昨年よりもさらに1割増で着地する店舗も多かったようだ。今年も国産で旬を訴求できる商材として、各バイヤーは首都圏の消費者に向け、良質な原料の調達に奔走している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る