電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城養ギン盛期へ

新聞記事

宮城養ギン盛期へ

2021年06月14日

水揚げが活発化してきた宮城県産養殖ギンザケ


 宮城県産養殖ギンザケは水揚げが日産100トン超ペースになり、間もなく盛漁期に突入する。成育は順調で、1尾3.0キロ上(アップ)も増えてきた。新型コロナウイルスに伴う巣ごもり消費の拡大で冷凍在庫の消化は進み、活発な取引が期待される。活じめブランド「みやぎサーモン」の認知度は年々向上。水揚げは7月中旬ごろまで続く。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る