電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研栽培・釧路水試両試、エゾイシカゲガイ養殖に照準

新聞記事

道総研栽培・釧路水試両試、エゾイシカゲガイ養殖に照準

2021年05月17日

すし種に重宝されている岩手県・広田湾産エゾイシカゲガイ


 道総研栽培、釧路の両水産試験場は今年度から北海道産エゾイシカゲガイの養殖用種苗生産技術の開発に向けた試験研究に取り組む。岩手県では天然採苗で養殖、すし種として珍重されている。ただ、人工種苗の量産技術は全国的に未確立。海水温の上昇など海況の変化で前浜資源に変動が見られる中、漁業生産の維持・増大へ新たな二枚貝養殖対象種の創出を試みる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る