電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城養ギン1万4600トンを計画

新聞記事

宮城養ギン1万4600トンを計画

2021年02月22日

例年通り3月中旬ごろに初水揚げが予定されるギンザケ


 宮城県産養殖ギンザケの今季(2021年)生産量は1万4600トン前後になりそうだ。昨季から若干の減産となる見込みだが、成育はおおむね良好で3月中旬ごろから水揚げがスタートする予定。新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要を背景に在庫消化は進んでいるとみられ、活発な取引が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る