電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 十勝管内シシャモは振るわず

新聞記事

十勝管内シシャモは振るわず

2020年11月02日

前年を下回る水揚げのシシャモ(10月28日、大樹漁港)


 十勝管内のシシャモは総体的に群れが薄く、水揚げは苦戦を強いられている。十勝総合振興局のまとめによると10月25日現在の管内合計の数量は前年同期比38%減の93トンと低迷。薄漁を映し、浜値は主体の大サイズでキロ2千円台まで上昇。キロ平均単価は87%高の1817円に付き、金額(税込み)を15%増の1億6876万円に押し上げている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る