電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾で高水温長期化

新聞記事

噴火湾で高水温長期化

2020年10月19日


 噴火湾では9月以降、表層から深い水深帯まで高い水温が長期間続いたことから、ホタテ養殖漁業者は成育への影響を不安視している。少なくても10月上旬まで表層から水深60メートルの水温が均一に20度程度となった。道総研函館水産試験場は「東風が長期間吹き、表層の温かい水が深い水深まで流入した」と説明、過去に例のない珍しい現象と捉えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る