電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 生筋子、高止まり懸念

新聞記事

生筋子、高止まり懸念

2020年09月14日

売価設定に苦慮している量販店の生筋子売り場


 高値発進となった北海道の秋サケ。特に生筋子相場は製品在庫の滞留で下方修正の滑り出しだった昨年に比べ上昇幅が大きく、札幌圏の量販店は商戦の組み立てに苦慮している。出足の売価も昨年より高値設定だが逆ざや。伸長した昨年の売上実績確保と併せて今年もサンマの不漁で秋サケの販売に傾注せざるを得ない状況下、浜値の高止まりを懸念している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る