電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県、サケマス海面養殖に活路

新聞記事

岩手県、サケマス海面養殖に活路

2020年08月31日

久慈港に水揚げされたギンザケ。事業化に向け視界は良好だ(7月)


 秋サケの記録的な不漁が続く中、岩手県でサケ・マス類の海面養殖試験に乗り出す動きが相次いでいる。久慈市漁協が(株)ニチモウマリカルチャー(本社・福岡市)などと組み、2019年4月から始めたほか、宮古市や大槌町でも事業化を視野に入れた取り組みが進む。海水温の低い岩手は他県と出荷時期がずれるため、高値取引が見込める。「育てる漁業」で漁協経営の健全化を図るとともに、原材料不足に悩む加工業者への安定供給やブランド化につなげる考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る