電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 余市ムール、地元中心に浸透

新聞記事

余市ムール、地元中心に浸透

2020年05月25日


 余市郡漁協や余市町、道総研中央水試などで構成する余市ムールガイ養殖研究協議会(会長=篠谷誠同漁協組合長)は15日に今季の水揚げを終えた。製品規格の殻長4センチ以上で昨年の2.5倍となる1.5トンを荷揚げ。地元鮮魚店や余市町役場などの関係団体に出荷の軸足を据え、試験出荷2年目は地元での存在感を広く浸透させた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る