電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 知内かき、序盤は昨年並みの出荷

新聞記事

知内かき、序盤は昨年並みの出荷

2019年12月09日

素早い手さばきで進んでいくカキのむき身作業(11月29日、中ノ川地区)


 「知内かき」のブランドで知られる上磯郡漁協中ノ川支所の養殖カキは、11月下旬に出荷が始まった。支所によると同月末現在の身入り状況は昨年同期に比べて良く、操業する10軒余りで昨年同期並みとなる1日200~250キロのむき身を出荷している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る