電子版 電子版サンプル

HOME > 全件表示 > その他

新聞記事

その他一覧

掲載日:2019.03.18

浜中漁協アツバ養殖50年近い歴史


 浜中漁協では約10軒がアツバ養殖に取り組んでいる。毎年秋に沈めたロープに天然胞子が付着、約2年後の水揚げ時期まで間引きはせずに成長させる。着業者は「あくまでも天然採取がメインで、その合間を見て水揚げする」と話す。同漁協によると、1972年から取り組む。


掲載日:2019.03.18

成長産業化へ連携/北海道水産物荷主協会


 一般社団法人北海道水産物荷主協会(会長・根田俊昭(株)マルキチ社長)は13日、札幌市の京王プラザホテル札幌で第55回全国水産物大手荷受・荷主取引懇談会を開いた。気候変動リスク増大など生産安定の課題、漁業法や卸売市場法の改正など変革に対応しながら、来年の東京五輪開催などを起爆剤に水産業の成長産業化へ産地と消費地の連携を一層強化していくことを確認した。


掲載日:2019.03.18

マルヤ海産「漁師体験」で消費者との接点や魚食普及


 様似町の(有)マルヤ海産(坂本好則代表)は今秋の秋サケ定置網漁で、「漁師体験」事業に乗り出す。漁業部門・(有)坂本水産と連携し、えりも漁協冬島地区に所属する定置船「第五十八宝漁丸(18トン)」の操業時に乗船、漁業者と一緒に網起こしなどを体感してもらう。魚食普及や消費者との接点、さらには担い手確保につながることを期待している。


掲載日:2019.03.11

浜の活力再生プラン優良事例表彰 苫小牧市が水産庁長官賞


 2018年度浜の活力再生プラン優良事例表彰で、苫小牧市、苫小牧漁協(伊藤信孝組合長)などで構成する「苫小牧市地域水産業再生委員会」が水産庁長官賞を受賞した。4日に東京都のコープビルで開かれた「浜の活力再生プラン全国推進会議」の席上、表彰状が授与された。


掲載日:2019.03.11

マルセ秋山商店 石巻産ワタリガニで新事業

ワタリガニの下処理の様子


 有限会社マルセ秋山商店(石巻市、秋山英輝社長)は、石巻など宮城県内で近年水揚げが増大しているワタリガニを商品化する事業に乗り出した。処理能力を高めるため設備を更新し、安定供給を目指す。広く協力者を募って事業を軌道に乗せ、新資源の消費拡大を促し、地元の活性化につなげる。


掲載日:2019.03.11

かっぱ寿司が漁協とタッグ


「かっぱ寿司」(カッパ・クリエイト株式会社運営)は、地方漁協との取り組みを強化する。希少性のある素材や加工プロセスなど生産者との密接な取り組みを「地産店消」プロジェクトとして始め、すし種の品質向上とラインアップの拡充を図る。第1弾はとやま市漁協とタッグを組んだ「富山湾産白えび」=写真=を3月26日まで提供、生産者の思いの詰まった商品を全国の消費地に向けて届ける。


掲載日:2019.03.04

ホタテ玉冷、今年も内販重視の展開

昨年5月の本操業荷揚げ作業。小型予測の今年もアソートに注目が集まる


 ホタテ玉冷の2019年度消流は、国内で順調に消化された18年度と同様、内販に軸足を置いた展開となりそうだ。大幅に回復した米国の水揚げは18年度並みかそれ以上とみられ、オホーツクも増産・小型予想のため。新シーズン目前の消費地では、製品価格の下方修正に期待感が強く、末端消費に勢いを付けた昨年の価格帯を望む声が大半を占める。


掲載日:2019.03.04

カネヤ製綱 西尾新工場が稼働

西尾工場の外観


 漁業用ロープなどを製造・販売するカネヤ製綱株式会社(本社・愛知県蒲郡市、牧原昇司社長、電話0533・57・3151)は、愛知県西尾市に原糸製造の専用工場を新設、2月から本稼働している。本社工場の原糸部門を移設し、生産効率、生産能力を向上。新たに導入した紡糸ラインで強度や耐候性、耐摩耗性を進化させた原糸が製造できるようになり、「強いロープ」の礎にもなる。付加価値の高い原糸、ロープを発信することで、漁業はじめさまざまな産業界でより貢献することを目指している。


掲載日:2019.03.04

積丹半島地域活性化協議会 神恵内で事業報告会


 後志管内神恵内村と泊村、岩内町、古宇郡漁協、岩内郡漁協でつくる「積丹半島地域活性化協議会」(会長・高橋昌幸神恵内村長)は2月26日、神恵内村漁村センターで国の地方創生推進交付金事業の支援を受け展開する増養殖事業や地域商社「株式会社キットブルー」の事業報告会を開いた。ナマコやキタムラサキウニの増養殖で一定の成果を確認できたほか、同社がナマコを配合した美容ジェルなどの販路拡大につなげていることを示した。


掲載日:2019.03.04

兵昆の招待商談会 過去最高の出来高


 【神戸】兵庫昆布海産株式会社(神戸市、中山俊社長)は2月22日、有馬温泉の兵衛向陽閣で「第65回春の招待商談会」を開いた。例年同様に全国の加工流通業者ら約100人が参集。全般的に品薄で高値が付き、出来高は昨年比4%増の9億9027万円。4年連続の9億円台で、過去最高だった一昨年(9億5576万円)を超える大商いとなった。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る