電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県ウニ、歩留まり低め

新聞記事

岩手県ウニ、歩留まり低め

2018年05月14日

釜石東部漁協のウニ集荷(10日)

 岩手県のウニ漁が上閉伊と山田の両地区で始まった。上閉伊の2漁協は現品入札で10日までに4回開口(操業)、シロ(キタムラサキウニ)1号品は合計1856キロにとどまり昨季のハシリ並み。今季も餌となる海藻が少ない様子で、身入り不足の個体が多いようだ。殻径と身の粒も小さいという。価格は4回とも10キロ15万~10万円中心で昨季より高い。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る