電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道内主要魚種、低迷続く

新聞記事

北海道内主要魚種、低迷続く

2017年11月20日

 北海道の漁業生産は、秋サケ、サンマ、スルメイカの主要魚種が記録的不漁だった昨年をさらに下回る危機的状況に見舞われている。コンブも2年連続の大幅減産。加工・流通業者をはじめ資材、運送など関連業者に影響を及ぼしている。特に道東地域の不振が際立つ一方、マイワシの豊漁など光明も差し込んだ。資源回復策とともに、代替魚種の有効利用など環境変化への対応策が急がれる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る