電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 脇野沢村 焼干し最盛期も苦戦

新聞記事

脇野沢村 焼干し最盛期も苦戦

2016年10月24日

早朝に水揚げしたマイワシなどの天日干し

 下北半島の西南、むつ市脇野沢村で焼き干し生産が最盛期を迎えている。定置漁獲のカタクチイワシ(セグロ)などを天日干し、炭火焼きする伝統的加工品で、うま味が濃縮され煮干しの数倍のだしが取れる。だが、今季はメーンのセグロが減り苦戦気味だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る