電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ブルワークレールを改良/労力軽減、作業性アップ

新聞記事

ブルワークレールを改良/労力軽減、作業性アップ

2016年03月14日

 湧別漁協のホタテけた引船「第十五ゆうべつ丸」(14トン、アルミ)がこのほど竣工した。ブルワークレールを改良したことが大きな特長。作業性、安定性が格段にアップした。近く始まる漁場造成で待望のデビューとなる。最大の特徴はブルワークレール幅を狭くして内側を垂直にし外側の反りを少なくしたこと。かごが積みやすくなりスムーズな稚貝放流作業が可能となった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る