電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 日本海マダラ増産 供給過多で価格低迷

新聞記事

日本海マダラ増産 供給過多で価格低迷

2020年02月10日

マダラの荷揚げ作業(5日、余市港)


 終盤に入った北海道産マダラ商戦。昨季に続き礼文や余市など日本海側沿岸が盛漁となり、水揚げが伸びている。ただ、供給過多で加工筋が買い余す局面も見られるなど魚価安が常態化。加工需要の停滞に連動する形で、札幌市中央卸売市場の生鮮相場も低調に推移している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る