電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 稚内スルメイカ好調 20尾入サイズ見えだす

新聞記事

稚内スルメイカ好調 20尾入サイズ見えだす

2017年08月14日

前年の半値ほどの木箱(稚内漁協荷捌所)

 稚内漁協のスルメイカの水揚げは前年同期の15倍と好調だ。来遊時期が例年より2週間ほど早く、7月上旬から水揚げが始まり、7月単月で前年実績(7~10月末)の3割に達した。8月上旬は多い日で発泡1万箱以上を水揚げ。組成は7月には25~30尾入れと例年より小型だったが、8月に入って20尾入れが見えだした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る