電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩内スルメイカ、徐々に下火

新聞記事

岩内スルメイカ、徐々に下火

2017年07月10日

水揚げが徐々に下火になっているスルメイカ

 岩内郡漁協のスルメイカ釣漁は、6月下旬に水揚げが伸びたものの徐々に下火になっている。外来船も小樽、余市方面に移動。着業する同漁協の西澤英美理事は「岩内は例年6月末ごろまでがピーク」と話す。サイズは小さく、発泡30尾が主体となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る